F-connect Blog

那覇市石嶺児童園に二度目の訪問

皆さん、こんばんは。新井純平です。


更新が遅くなりましたが、7月25日に2度目の那覇市石嶺児童園に訪問してきました!

今回はなんと、FC琉球のチームメイトの背番号8番小松駿太選手(写真左)と14番上門知樹選手(写真右)が一緒に来てくれました!!




2人は以前からF-connectの活動に興味を示してくれていていつ行くんですか?次いつですか?とすごい聞いてきてくれて、やっと今回3人で訪問することが実現しました。

嬉しい限りです!!



さて、今回は前回と違い、とても晴れて気温もものすごい高い中での交流会となりました。


2時間の中で2部構成で低学年1時間、高学年1時間と分け内容はほば同じでいつもの流れで、体を動かしてからすぐにゲームに入りました。



お茶も用意していただき、こまめに給水をしながら2時間の交流を子供達としました。


最後にはサッカー選手3人と琉球スタッフの比嘉含めて4人対子供達での勝負もあり、白熱した戦いの中で共に汗だくになりながらサッカーを楽しみました。



おっと、今回も1番楽しんでいたのはこの僕でしたぁ!!!笑笑



交流会を終えると前回同様、夕飯を用意していただいて2人と2人に分かれて別々の棟で食事をしました。


僕は安定のスタッフ比嘉とで喋らない比嘉の横でひたすら喋る僕みたいなコンビネーションを繰り広げました。笑

最後に4人でそれぞれの棟を周り、サインや雑談をして終わりという流れになりました。



そして、後日、練習をいつも通りしていると、帰りに児童園の子供達と偶然遭遇。


何をしているの?と聞くと、児童園の野球大会があり、次決勝戦だと言われ、見に行かないわけにいかないと思い、昼飯をパパッと済ませ、応援に!!


なんと石嶺児童園は優勝し九州への切符を手にしたそうです!!


頑張っている子供達を見てとても刺激をもらえたし素直に嬉しかったです。

九州でも強豪相手に素晴らしい戦いをしていたという話を聞きました。お疲れ様でした。



最後に、このF-connectの活動を新聞にも取り上げていただきました。まず、F-connectのメンバーそれぞれがそれに見合った人間的成長を成し遂げていくこと。それと同時にF-connect自体がより大きなものになっていけたらと思います。



最後まで読んでいただいた方ありがとうございました。


リーグも終盤に差し掛かってきています。

よりいい順位でフィニッシュできるようにやれることをコツコツやってチームに貢献していきたいと思います。

ではまた!!!!


【F-connectグッズのご購入はこちらから】


F-connect Official Web Site powered by BASE

F-connect(エフコネクト)私たちはご縁を頂き、2014年より神奈川県内の児童養護施設にお邪魔しています。そこには様々な事情により親の元を離れている子ども達が共同生活しています。子ども達にとって楽しい時間が増えるように、会話をしたり、サッカーをしたり、一緒に夕食を食べたりと子ども達と触れ合ってきました。その中で、楽しそうに遊んでいる子ども達の無邪気な笑顔をたくさん見たい、増やしていきたいと思うようになりました。そこで、この子ども達の笑顔をもっと増やすために、私たちは少しでも役に立てることがあるのではないかと考え、私たち自身を育ててくれた“ サッカー”と“サッカーのつながり”を通して児童養護施設の子供たちを支援するチャリティー活動を立ち上げました。私たち、F-connect は【Footballで繋げる、Football が繋げる】をコンセプトに、Footballを架け橋にして様々なチャリティー活動を行い、児童養護施設の子ども達を支援していきます。また、F-connectに関わる全ての選手の成長を目指します!F-connectグッズの販売やイベント等で得た収益は、各地にある児童養護施設の子ども達のスタジアム招待費(各チームのホームゲームなど)やF-connectの運営費に充てさせて頂きます。Footballを通して子供たちの笑顔が増えてくれたら嬉しいです。みなさま、ご協力よろしくお願い致します。東京ヴェルディ 小池純輝東京ヴェルディ 梶川諒太徳島ヴォルティス 野村直輝FC琉球 新井純平 モンテディオ山形 三鬼海愛媛FC 山崎浩介

F-connect Official Web Site powered by BASE

F-connect

【Footballで繋げる、Footballが繋げる】を コンセプトに、児童養護施設の子ども達を支援します。 また、 F-connectに関わる全ての選手の成長を目指します。

0コメント

  • 1000 / 1000