F-connect Blog

みなと総合高校女子フットサル部の応援へ

チャリティー/神奈川/児童養護施設

F-connect 野村直輝

こんばんは!
横浜支部長、野村直輝です。

皆様、最近の暑さは本当に異常ですよね…水分補給のみならず栄養、休養などしっかりとして、体調管理難しいとは思いますが元気にこの夏過ごしていきましょう!!

7月22日、今回も横浜FCの新井純平選手に参加してもらいました。

彼はいつも誰かのために行動したり協力してくれる、オフザピッチの鏡と言っても過言ではないと思います。

新井選手、いつもありがとうございます。

横浜市泉区にあります、かもめパークにてフットサルの応援に行きました。


毎年年末にFconnectに協力してもらっている、みなと総合高校女子フットサル部です。

年末にイベントをする際、運営、炊き出し、掃除、などしてもらっています。

何1つストレスの無いスムーズな行動、そして施設の子どもたち明るくにも接してくれて多大なサポートしてもらっている部活です。

まず試合が始まる前に僕たちのところへ挨拶に来てくれました。

キックオフは14時台だったので暑すぎましたが彼女達はいつも通りの明るさでビックリしました。

試合はライバル校との15分ハーフランニングタイム。(ボールがピッチ外へ出ても時計は止まらずにプレーが続く)

暑さと激しい攻防が続くなか、何とか3-1で勝利してくれました。

おめでとうございます。

冬までリーグ戦があるのですが、夏で引退してしまうかもしれない選手も居ました。

試合終了後、僕と新井選手から少し話をさせて頂きました。

仲間の大切さ、継続することの大切さなど、横の繋がりを仲間を大事にして欲しいと伝えました。

今回応援に行かせて頂き、何故かまた元気づけられました。

そしてみんな笑顔でした。
まさにフットボールが繋いでくれたFconnectの瞬間だったかもしれません。

こうやって沢山の人と出会い笑顔が生まれる、そんな事をこれからも実現していきたいと思います。

F-connectについてはこちらから。
↓↓

F-connect

【footballで繋げる、footballが繋げる】を コンセプトに、児童養護施設の子ども達を支援します。

0コメント

  • 1000 / 1000